Hospitality Management

2020年のオリンピックに向けて、現在の日本では、「英語で接客できる人材」の需要が急速に伸びています。世界に通用する接客術やおもてなしを学んで就職に強いスキルを身につけたのちに、帰国後は有名企業へ就職できる場合もあります。もちろん、実力が認められたら卒業後は現地で働くことも可能かもしれません。ホスピタリティは観光やホテル業と、種類も様々で、営業やマネジメントなどの知識はさらに色んな分野で応用できます。カナダは旅行業が大変盛んな国のため充実したプログラムが多く、留学生にも人気が高い分野で、英語とホスピタリティーを同時に学ぶことができるので、ホスピタリティー業界で活躍する最短のルートです。

こんな方におすすめ

  • 観光産業,ホテル,航空関係で仕事がしたい
  • カレッジでの学習だけでなく海外のサービス業界で実践経験も積みたい
  • 外国のホスピタリティ業界について知りたい
  • 北米の観光関連・ホテル業界で仕事がしたい

主な就職例

  • 現地(バンクーバー): ホテル
  • 現地 : 日系ツアー会社
  • 現地 : 一般企業観光関連事業部
  • 日本 : ホテル
  • 日本 : ツアー会社
  • 日本 : 一般企業観光関連事業部

留学希望時期

現在の英語力

お問い合わせ内容
北米で専門的な留学をしたい留学するためにどれくらいの語学力が必要か知りたいカナダで働きたい海外に永住したい英語力がないのでまずは英語力をあげたい留学2年間のおおよその費用が知りたいスカイプでのカウンセリングを希望(無料)日本でのカウンセリングを希望学生ビザを申請したい